トップイメージ

このページでは、抗ウイルス薬の一種である『塩酸バラシクロビル』成分についてまとめています。

塩酸バラシクロビルはどのような働きがあり、どんな症状を改善するのか!

また、塩酸バラシクロビル配合のジェネリック医薬品も紹介していきます。

塩酸バラシクロビルについて

塩酸バラシクロビルとは、ウイルスの増殖を妨害するという働きがあります

この成分が配合されている代表的なお薬は『バルトレックス』です。

塩酸バラシクロビルは、主に性器ヘルペス・単純疱疹・帯状疱疹・水疱瘡の治療薬として使用されています。

その中でもヘルペスウイルスには、高い有効性が認められています。

ヘルペスウイルスは皮膚の粘膜に水ぶくれを伴うのが特徴的で、ピリピリとした痛みなどが出るので、 ウイルスの少ない発病初期に塩酸バラシクロビル配合の治療薬を使用すると効果が期待できます。

塩酸バラシクロビルは、ヘルペスウイルス感染細胞内でリン酸化、活性化されてヌクレシオ類似体アシクロビル三リン酸となります。

このアシクロビル三リン酸は、DNAを構成する塩基の一つであるグアニンの前駆体であるグアノシンに非常によく似た構成を持った物質ですが、 DNA鎖が連鎖するための部位を持っていません。

また、アシクロビル三リン酸はウイルスDNAの合成を阻害することによってその効力を発揮するため、 神経節に潜伏しているウイルスにおける効果はないと言われています。

なので、塩酸バラシクロビル薬は初期段階での治療を勧められているのです。

塩酸バラシクロビルの副作用・注意点

塩酸バラシクロビルは、副作用が報告されています。

主に起こる副作用は、発疹・痒み・めまい・下痢・吐き気・頭痛などが報告されています。

また、稀に起こる症状としては、急性腎不全・痙攣・間質性肺炎などが挙げられています。

このような症状が起きた場合は、直ちに使用を中止し、医師に相談しましょう。

それから塩酸バラシクロビル薬を使用した後は、自動車や機会操作は控えるようにしましょう。

また、腎臓が弱い方は、塩酸バラシクロビルを使用する前に服用できるかを医師に確認しましょう。

塩酸バラシクロビル配合のジェネリック医薬品

塩酸バラシクロビル配合の医薬品は、もちろんバルトレックスが一番主流なのですが、 バルトレックス以外にジェネリック医薬品も販売されています。

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終了した後に、同じ成分を配合した医薬品を、他の製薬会社が製造できます。

開発社ではなく他製薬会社が同じ治療を目的として、同成分・別医薬品名で販売したものをジェネリック医薬品といいます。

新薬とは、医薬品を開発するのに期間が10年~30年、費用は数十億円~数百億円かかるといわれています。

その為、新薬が販売されてから20年~25年は、その成分を独占することができます。

しかし、特許期間が終了してからは、その成分が国民の財産となり、他製薬会社でも同成分を使用した医薬品を開発できるのです。

ジェネリック医薬品は、既に新薬で有効性が認められているので開発期間が短く、コストも大幅に抑えることができます。

その為、新薬の半分以下のお値段で販売することができるメリットがあります。

つまり、ジェネリック医薬品は、新薬と同じ効果が認められている上、お得に購入することができる優れものなのです。

塩酸バラシクロビル配合の代表的なジェネリック医薬品は、以下の商品になります。

塩酸バラシクロビルジェネリック・バルシビル商品詳細

薬品名:バルシビル

主成分:塩酸バラシクロビル

製造元:シプラ

内容量:1箱3錠 (500mg/1000mg)

形状 :pill

効果 :上記参照

このページの先頭へ